アファメーション(宣言文)づくり

March 17, 2018

今日は、高崎のヘブンズブルー

での2回目の

サンキャッチャー講座でした。

 

 

実は、今日はMisty一人での

開催でしたので、いつも

心強い仲間のAbishが精神的に

とても支えになっていることに

気が付きました。

いつも支えてくれて

ありがとう、Abish!!

 

そして、上州ドテラ部部長の

イヴォンヌさんに

さりげなく講座の支援をして

いただきました。

ありがとうございます!

 

 

 

今日は、こあらぼ開催の

サンキャッチャー講座で

何を大事にしているかを

書いてみます。

 

サンキャッチャーは、個人的に

とても好きなアイテムです。

なぜなら、アートとしての美しさ

だけでなく、光のプリズムの

つぶつぶを部屋いっぱいに集めて

くれる実用性に魅かれます。

 

しかし、この講座でこあらぼが

大事にしていることは、

 

1.宣言文を作りながら自分を知る

 こと

2.潜在意識の声を体に確認する

 ということを知ってもらうこと

 

です。

 

宣言文づくりは、魂レベルのもの

(ブループリントとも呼ばれる)

であれば、数時間以上かかります。

ちなみに私は

6時間以上かかりました(笑)

 

サンキャッチャー講座での

宣言文作成には

時間の制約もあって、

人によりますが、10分程度に

なっている感じです。

 

この時間で、

クライアントさんと共に

より深く潜在意識の海に潜る!

ことをします。

このときに、心身を緩めるのに

一役買っているのが”アロマ”

なのです。

 

 

そして、

アロマカードのメッセージも、

その時に必要なものが

来てくれます。

 

ちなみに、私が今日ひいた

アロマカードはコレ。

 

 

 

うう~む、響きますわ(笑)

これ、

トランスフォーメーションゲームを

初めてやったとき(2017秋)

に出た興味深いフレーズに

リンクしています。

 

「コントロールを手放す」

 

だいぶ脱皮中ですけど、

まだ格闘中です。

 

これを手放すことは、

クライアントさんと向き合う時に

とても大事なので、引き続き

これを意識していきます。

 

 

このアロマカードは、

3つ(ないし4つ)の精油が

書かれており、

一つ一つを味わって、

次に3つを同時にlistenします。

そして、ムエットにして持って

帰ってもらってます。

サンキャッチャー作りは、

宣言文と、このムエットを

傍らに置きつつ作業していきます。

かおりで宣言文を

心身に定着させるように。

かおりは、

想いのトリガーになりえるから。

 

 

 

よりフィットする宣言文を

持って帰ってもらいたい!

 

その気持ち一心に。

 

 

 

 

・・・なんていいつつ、

ちゃんとギフトはいただいて

います。

クライアントさんが自分を

知った時の、

ぱ~っと明るくなった時の表情や

うるっときたあとの雨あがりの

虹のような質感を

ちゃっかりいただいています。

 

 

 

宣言文作りの時の

筋肉反射テストを取っている

ときは、私のアタマはフル活動、

五感も総動員で

クライアントさんを感じています。

筋肉反射テストをしている

左手からも手の質感などを

感じとります。

 

セッションでは、じっくりと話を

伺って、キーワードを拾って

それが取り組む課題や宣言文に

関係するかを筋肉反射テストで

丁寧に確認していきます。

 

しかし、サンキャッチャー講座

での宣言文の時は、

このプロセスが十分に取れないので

出てきた言葉を

確認するということと、

類義語や反対語を

いくつか確認していくことを

そのときにしています。

 

これがあまりにも

クライアントさんから出た言葉

から離れると

クライアントさんが

置いてかれてしまいます。

離れすぎない点と点を結んでいく

ような作業をしています。

 

クライアントさんが、

心の底から、

”ぽん”と出てきた言葉には

エネルギー的に重みがあり

強さがあります。

顔がぱっと明るくほころんだり

します。

何気なく言った言葉にも

反応することも多いです。

逆に言い聞かせているような、

言いなれている言葉には

反応しなかったり。

 

セッション中は、大きな力と一緒に

筋肉反射テストをしていたような

感覚になることがあります。

 

「潜在意識は、こう言っている

のですがどうですか?」

とクライアントさんに

お伝えした時に

「そうですか、それは難しいです」

「そうじゃないと思います」

と苦しそうに言われることも

多いのです。

 

そのときに、いつもの私であると

なんとなく

”自分が拒否された感覚”

に陥ったり、

”なんで、それが難しいかな・・・”

とジャッジを一瞬はさめたりしがち

なのです。

しかし、自分の軸が通っていて、

ぶれていないときは、

大きな力の支援を得ているように

感じます。

 

そういう自分の思考や感情が動かず、

「それは難しいのですね」

「それではこちらはどうですか?」

と、そのやり取りをスムーズにやれて

いたことに、後で気がつくとき

大きな力が働いているような気がして

ならないのです。

 

それを得ようとするより、

前頭葉方面に集まってくる

自分の思考を、後頭骨の後ろ側に

移動させるような意識をすることを

大事にしています。

 

地球の中心と宇宙を極と極にして

自分が間でび~んと

繋がっているようなイメージを

持ちます。

 

 

ちょっと、書き過ぎたか?

大サービスな感じも

あるけど、いいかな?

 

 

宣言文を作ることは、

自分を知ること。

自分を知るには潜在意識の声にも

耳を傾けてみること。

 

Abishが

潜在意識の声に

耳を傾けることについて

ブログでも紹介してますので、

ご参照ください。

→(2018年3月8日のブログ

 

 

この宣言文づくりを

50分くらいでやってみたいな、

と考えています。

アロマの力を借りて、

心身をゆるめつつ

宣言文を作るセッション。

 

 

宣言文を作るお手伝いは、

こあらぼにとっては

とても大事なことなのです。

それを作ることで気づく自分、

それをやると決意する自分。

 

 

自分で気づく:

Self-awareness

のguideを

こあらぼはしていきます。

 

 

あ、これも

宣言文ですね(笑)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索