経営ゲームインストラクター育成セミナー終了!

March 25, 2018

経営ゲームインストラクター

育成セミナー3日目。

 

開発者の嶋崎喜一社長直々に

ゲームの開発秘話や

経営に対する想い等々、

いっぱい聞けて

本社でセミナーに参加して

本当によかったです。

 

社長が受け継いだリボン会社の

在庫リボンの元収納場所という

感慨深い場所で

お昼をご一緒させていただき、

虚数やベクトルといったお話から

奥さんとの心温まるお話まで

いろんな分野のお話を

お聞きすることができました。

嶋崎社長は

とても魅力的な御方でした。

 

そしてこんな風なことを

おっしゃっていました。

 

「人が他人の人生を

 背負うなんてことはできない。

 誰かに依存させるのではなく、

 自分で気付いて

 自分で歩くために

 このゲームを使ってほしい。」

 

おぉ~っ!

ほんとにその通りだと思いました。

自分の人生は自分でしか歩けない。

自分で気付いて自分で歩く!!

素晴らしい!

Co-A Laboの理念とも一致する。

 

しんどいときに

頼れるところがあるのはいい。

でも依存している間は

自分の道を歩んでない気がする。

だから元気になったら

自分で自分の道を歩めるように

自分で気付いていくことが

すごく重要だと思うのです。

 

そんなお話をしながら

昼食をとり、

いよいよ午後からは

お待ちかねの

トータルゲームC。

 

Eとの1番の違いは

人材育成の軸があること。

しかも、成長するだけでなく、

後退することまである。

 

そしてカードが素晴らしい!

「今やりたい事をやる!

  (真価↑5)」

「楽しみを分かちあう

  (真価↑3)」

といったプラスのカードや

「自分や他人の夢を壊す

  (真価↓4)」

「人に勝とうとする

 (真価↓3)

といったマイナスのカード等、

ゲームをすることで

帝王学まで学べそうです。

 

ゲームの難易度も

上級と言われるだけあって

どうしたら

500点以上を出せるのか

さっぱりわからなかったけど、

ゲーム自体が楽しいので

夢中になって遊んでいました。

 

その結果、

万太郎先生の多大なる

ご協力のおかげで

初のトータルゲームCを

657点で

終えることができました!

 

トータルゲームCは

初めてプレイする人の

5割が3期で倒産して

1-2割が10期まで行け、

500点超えで終えるのは

稀なケースらしいです。

なんてラッキーなAbi!

万太郎先生のおかげです。

 

でも点数以上に

うれしいと思った瞬間は

万太郎先生が

トータルゲームCを終えた時

「あ~、楽しかったです」

と笑顔で言ってくれたこと。

なぜかすごいうれしかったです。

 

ということで

あっという間の3日間。

帰りの車の中でも既に

「もっとゲームしたい」

と万太郎先生に言うくらい

ハマってしまいました。

 

いやぁ~、ほんと楽しかった。

「もっとゲームしたい!」

と思いながら寝て

「よぉし!今日もゲームだ!」

とわくわくしながら起きる。

なんて幸せなんだ~!!!

 

早くいろんな人とゲームして

いろんな人のゲーム盤を

見てみたいなぁ。

 

この写真は

黒猫タロウの木製サイコロ。

今は非売品らしく、

でもどうしてもほしくて

万太郎先生におねだりして

もらっちゃいました~~!!

ありがとうございますっ!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索